夢楽らいぶさん 心に響くロックありがとうございます!

4月12日(金)晴れる家3号館デイに「夢はNHK紅白出場!」という来館1年4ヶ月ぶりだという「夢楽(むがく)らいぶ」のお三人さんが大東市から来られ、ボーカルの山野具則(とものり)さんをセンターに「ここはZeep大阪か」と思われるようなパワフルでエキセントリックでアツ過ぎるパフォーマンスを披露してくださいました。

驚いたのはそのZepp大阪のロックライブのようなノリにたくさんの利用者様たちがついていかれていたこと。

メッセージをこめたオリジナル曲から終盤は「ふるさと」のような童謡もエレキギターでレパートリーに。たくさんの拍手や声援が飛び交いました。

「夢楽らいぶ」一座の皆さんは今なお謎多く、関西ローカルテレビの取材や、高齢者施設もいくつもボランティアで回られているそうで、4月21日(日)は野崎フォークジャンボリーを複数のアーティストとコラボ開催するなど、熱い活動を展開されているそうです。