ヘルパー研修報告 (同じ事業所に医療従事者がいるからこそ)

2月のヘルパー研修は合同のWEB研修で
議題:老化を知ろう
講師:訪問看護の押谷Ns

担い手研修でも学んでいる内容で、ユーモアを交えての楽しい座学となりました。

地域でヘルパーさんを必要としているご利用者さんの為に一緒に働きたい人も募集しています

応募情報はこちらまで → https://work.kaigo-shalom.co.jp/

3月25日(月)18:30~
泉北支所にて、青山チーフ講師にて
「腰痛体操」や「ベッド上での介助のポイント」などを教えていただきました。

登録ヘルパーさんや、泉北スタッフ、あわせて11名の参加で、青山チーフの人柄で質疑応答も大変しやすい雰囲気の中、たくさんのポイントを教えていただきました。

介護者につきものの腰痛については、教えていただいた予防の体操を継続して家で実践いただき、今後もながくスタッフに活躍していただきたいと思っています。

各支所によって、課題になっていることや、ご利用者の介護度や介護士の技術も異なるので
今回はそれぞれの支所と療法士さんとで打ち合わせてという新しい研修でした。

快く講師を受けてくださった看護師さん・療法士の皆さん、ありがとうございました!
シャロームでは専門職の研修が受けられるのは本当に強みであると感じました。