Web

 

笑顔と楽しさがあふれる理想の職場を目指して

母親に追いつくために

昔は全く違う業界で仕事をしていたんですが、当時母親が若年性アルツハイマーを患いました。家で介護を経験したのですが、その時は私自身も認知症に対する知識もなかったし、どうしたらいいかわからなかったんです。ある時、母親があるデイサービスに通うことになって、初めて福祉の世界を知りました。何とか母親の状態に私も追いつかないといけないと思っていたのですが、そんな時にちょうど知人を通じて介護の仕事を紹介されたんです。シャロームは、これも縁があって知人に紹介され、当時の人事担当者から「自分のしたいことをチャレンジしてみたらいいよ」って声をかけてもらって入社することになりました。

利用者様、家族様とともにありたい

たとえどんなに良いお看取りができたとしても、利用者様がお亡くなりになるのってやっぱり私にとっては一番つらいことです。以前、少し寂しがり屋の利用者様がお亡くなりになったのですが、家族様も看取りは初めての経験で怖がっていたんですね。でも私もお声掛けをさせていただいて、家族様全員の前でご利用者様は亡くなりました。そのあと家族様も私たちに感謝を伝えてくださって家族全員で看取れてよかったと喜んでくださいました。すべてがそうではないですが、利用者様、家族様に寄り添った心ある介護、施設を提供したいと思っています。

理想の職場づくりを目指して

利用者様が笑っている姿や、スタッフも楽しそうに利用者様と話している姿がたくさんあり、そういう姿を見ていると私もとても安心します。新しい職員が入ってきてもスタッフみんなが声をかけてあげているし、そいうスタッフが私の自慢です。私は利用者様もスタッフも、まだまだ楽しんでほしいと思っています。この施設にいる人みんながもっともっと楽しんでほしい。理想かもしれないけど、その理想に近い職場を作ってあげたいと思っています。

もっとたくさんの人と出会いたい

私はとても人が好きで、人と出会うのも好きなんです。シャロームは本当にいろんな人と出会えて私は恵まれていると思っています。これからもたくさんの人と出会いたいですし、そして私自身ももっと「この人と話したい」って思ってもらえる人間になりたいです。