^“çP02

医療と介護をつなげる自分になりたい

自分と同じような人を救いたかった

小学校からサッカーを始め、高校時代に前十字靭帯を断裂したんです。その後のリハビリで初めて理学療法士と出会いこんな仕事があるんだと。それから同じような経験をしている人の役に立ちたい、リハビリを通じて患者さんをもっとよくしてあげたいと思うようになったんです。大学は経済学部だったので、その後専門学校に通い、病院のPTとして就職しました。病院では退院したら患者との関わりが終わってしまうので、家に帰ってからの患者の様子が気になって仕方がなかったんです。今の家の環境で本当にリハビリを続けてやっていけるのか、そういった気持ちから訪問リハビリに興味を持つようになってこの仕事に就きました。

上司のアドバイスや勉強会、対応マニュアルで不安が解消

病院では緊急時も看護師、ドクターがいるので安心できるが、訪問になると一人で状況判断をしなければいけないのが不安でした。でもインテイクは上司が行ってくれ、最初は同行してポイントや細かなアドバイスももらえます。また介護保険の仕組みや、リハビリの社内勉強会を実施したり、緊急連絡先や緊急時の対応マニュアルなども社内で用意していて、訪問するスタッフの不安ができるだけ少ないようバックアップしてくれているので不安はすぐになくなっていきました。

生活する意欲、生きる意欲を取り戻してほしい

やはり状態が良くなりそうな人をうまく維持・向上させられなかった時や、自分も家族様も「頑張ろう」って思っているんですが、利用者様がリハビリを拒否される方もいるので、そのような時はやはりつらいと思う時もあります。利用者様は気持ちや状態をわかってくれる人がいてほしいのだと思います。その思いをくみ取って、またご家族様の思いもくみ取って、自分にできることを精一杯できればやりがいも生まれます。家族とコミュニケーションを取れなかった利用者様が、リハビリを続けて家族とコミュニケーションが取れるようになり、家族様も涙を流して喜んでくれたこともあります。「一生車椅子の生活です」と言われた利用者様が、リハビリの結果、歩行器を使えば外で歩けるようになって喜んでくれたり。何とかして歩かせてあげたい、生活する意欲、生きる意欲を取り戻してほしいと思うし、それが実現できたときは最高にうれしいです。

同好会が楽しい

職場で好きなところは多職種で仲がいいところ。バーベキューをしたり、ボーリング同好会、カラオケ同好会、釣り同好会、フットサル同好会など、職種を超えてみんなで楽しんでいて、とても楽しいですね。

医療と介護をつなげる自分を目指して

医療と介護をどのようにつなげていくかにチャレンジしたい。シャロームでは社外での交流も自由にできるので、他事業所の看護師やケアマネ、医師など様々な人と交流が持てている。自分自身ですべてはできないが、その一端を担えるようになりたいと思う。また要支援の前段階である元気な高齢者との接点も持つことができるので、そのような人たちの声も集めながら、これからの医療と介護のカタチを考え作っていきたいと思う。