DSC05814 - コピー

訪問看護ステーションから理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がご自宅に訪問してリハビリを行います。
専門的な医学知識に基づいて、歩行や日常生活動作のリハビリを行います。
失語症や嚥下が困難な方には、言語聴覚士が担当してリハビリを行うことが可能です。
その他、福祉用具の選定、自宅でできる運動プログラムの作成など、日常生活に関する様々なご相談にお応えいたします。

訪問リハビリ実施事業所

当事業所の特徴

  • 緊急時に訪問できる体制をとっています。
  • 理学療法士(PT)や作業療法士(OT)や言語聴覚士(ST)などの多くの療法士が在籍しています。
  • 看護とリハビリの連携がスムーズです。
  • 顔の見える訪問看護ステーションです。

K - コピー

以下のようなサービスを提供しています

  • バイタルチェック
  • 関節可動域練習
  • 筋力増強練習
  • 摂食嚥下練習
  • 発声・嚥下練習
  • マッサージ・リラクゼーション
  • 呼吸リハビリテーション
  • 基本動作練習(寝返り起き上がり・立ち上がり・屋内外歩行・床上起立など)
  • 日常生活動作練習(更衣・整容・排泄・食事・入浴など) など

晴れる家1号館

こんな方のお悩みにお応えします

お気軽に何でもご相談ください

  • 腰や膝の痛みをやわらげたい。
  • 足の筋力が衰えてきたような気がする。
  • 最近、家の中や外でよく転ぶ。安全に歩きたい。
  • トイレや入浴動作が上手くいかない。
  • デイに行っているが、1対1の専門的なリハビリもしたい。
  • 退院後もリハビリを続けたい。( 安全な生活の為の環境整備やの自主トレ指導)
  • 閉じこもりぎみになっており、寝たきりが心配。
  • しゃべりにくくなった。
  • 食事中にむせるようになった。
  • 息苦しい、痰が溜まってしまう。
  • パーキンソン病・ALS等進行性、難病に対しリハビリをしてほしい。

現場からのメッセージ

山城-中村

シャローム訪問看護ステーションには常勤療法士が30名在籍しており、小児から高齢者まで幅広いニーズにお応えできる体制をとっています。
採用条件として病院経験者に絞っておりますので、質の高い経験豊富な療法士がそろっているのが特徴です。
地域の活動などにも積極的に取り組み、社会に貢献できる事業所を目指しています。